メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・スローらいふ

認知症判定、ネットや血液で

認知症予防の基本は健康の維持。東京都国分寺市では、市民が介護予防活動「暮らしを拡げる10の筋力トレーニング」に取り組み、定期的な体力測定に臨んでいる

 認知症に特効薬はないが、早期発見すれば症状の進行を遅くしたり予防したりできる場合もある。早期発見に役立つサイトや検査を探った。

 ●専門医が監修

 80自治体が導入する「認知症簡易チェックサイト」は、自分や家族の認知症リスクを調べられる。自治体のサイトだが、誰でも利用できる。

 簡易チェックは2種類あり、家族向けの「これって認知症?」では、「切ったばかりの電話の相手を忘れる」「趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった」など20項目の設問で判定する。レベル2〜3ならば、相談や医療機関の受診を促される。

 もう一方の「わたしも認知症?」は、自分で「漢字を忘れる」「外出がおっくうだ」といった10問に該当す…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1343文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです