メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

整列した墓に「個性」求める

整然と並んで建てられた「芝生型墓所」。このタイプは花立は、設置できるという=川崎市内で、滝野隆浩撮影

 専門家2人と先月末、「霊園めぐり」をした。火葬場設計の第一人者、八木澤壮一・東京電機大名誉教授と日本葬送文化学会長の長江曜子・聖徳大教授が論文執筆のため、川崎市内の市立霊園を2カ所回った。「霊園は年々新しくなるから、定期的に見ていれば発見がある」という。後ろを歩き、2人の会話に聞き耳を立てていた。

 1カ所目。まず身寄りのない人の「無縁合葬墓」の周りをぐるぐる見て歩き、新しくできた納骨堂へ。「近づけたくないんだね」。八木澤先生がつぶやく。合葬墓の納骨室の扉は、フェンスと生け垣で隠れていた。納骨堂では、献花台から遺骨のあるスペースまで距離があった。先生は違和感があるという。「死」を遠ざけてきた戦後の国民感情が、霊園設計にも反映するということなのか。

 2カ所目は比較的新しい霊園。一般墓地の先、新しく造成された区画に、タイプの違う3種の墓所がある。使用料の安い方から「集合個別型墓所」「芝生型墓所」「壁面型墓所」。「壁面型」には墓誌や花立て・線香立てが個別に設置でき、墓参者が直接、墓前まで行って線香や花を供えられる構造になっている。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです