メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

「氷河期」世代 目指せ正社員

受講者はジョブトレーナーからビジネススキルなどの指導を受ける=東京都千代田区で

 1990年代半ばに始まった「就職氷河期」世代の先頭は今や40代。雇用環境が改善し、正社員雇用への「最後のチャンス」として、就活に取り組む動きがある。ミドル層には即戦力を求める求人側とのマッチングが課題だ。

 ●求められる即戦力

 「結論を急がず、みんなの意見を引き出そう」。5人1組のグループ討論にジョブトレーナーの声が飛ぶ。東京都の就職支援施設、東京しごとセンターの講座「東京しごと塾」。正社員就業を目指す30〜44歳を対象に職務実習などを行う。この日は会議をスムーズに進める「ファシリテーション技術」を学んだ。

 受講者らは学卒時期が就職氷河期にあたり、さまざまな事情から非正規雇用で働いてきた。雇用環境は改善しているものの、企業がミドル層に求めるのは即戦力や年齢相応の職務経験。同センターを運営する東京しごと財団の秦福子・非正規対策担当係長は「切り取られた作業を日々こなし、チームで仕事を進めた経験もない場合は、求人側とのギャップがある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです