五輪バドミントン

奥原、山口が16強 女子シングルス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子シングルス1次リーグ第2セット、ショットを放つ奥原希望=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月14日、小川昌宏撮影
女子シングルス1次リーグ第2セット、ショットを放つ奥原希望=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月14日、小川昌宏撮影

 リオデジャネイロ五輪第10日の14日、バドミントンはシングルスの女子1次リーグが行われ、奥原希望(日本ユニシス)はリンダウェニ・ファネトリ(インドネシア)に2−0で完勝して2戦2勝でJ組1位となり、K組首位の山口茜(再春館製薬所)とともに16強入りした。15日(日本時間16日午前)の決勝トーナメン…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

あわせて読みたい

注目の特集