マッカーサーの元通訳官

戦後平和、原点直視を

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
GHQ庁舎の跡地に立つマッカーサー最高司令官の元通訳、ジョージ・キザキさん=東京都千代田区で、北山夏帆撮影
GHQ庁舎の跡地に立つマッカーサー最高司令官の元通訳、ジョージ・キザキさん=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 戦後日本の原形が作られた占領期、連合国軍総司令部(GHQ)の最高司令官、ダグラス・マッカーサー(1880〜1964年)の傍らで通訳を務めた日系2世の男性が、今も東京都内で暮らしている。GHQの元通訳官、ジョージ・キザキさん(84)だ。15日、71回目の終戦記念日を迎えた。憲法改正が議論される現代の日本は、キザキさんの目にどう映っているのだろうか。【川崎桂吾】

 「まるで無表情。少しでも視線を外せば、強い調子で『お前は誰に向かって話しているんだ』と言われました」。キザキさんは、マッカーサーと初めて会った時のことを鮮明に思い出す。日本へ赴任した直後、50年前後のことだ。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1294文字)

あわせて読みたい

ニュース特集