特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

履正社エース寺島完投 逆転で横浜降す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【履正社−横浜】二回裏履正社2死一、三塁、山本が左越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2016年8月14日、川平愛撮影
【履正社−横浜】二回裏履正社2死一、三塁、山本が左越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2016年8月14日、川平愛撮影

 第98回全国高校野球選手権大会は8日目の14日、2回戦4試合。第4試合は履正社(大阪)と横浜(神奈川)の対戦。大会屈指の両チームのエースが投げ合った試合になったが、履正社が序盤で逆転した得点を、エース寺島が守りきって完投、3回戦進出を決めた。

 〇履正社(大阪)5−1横浜(神奈川)●(14日・甲子園、2回戦)

 履正社の寺島が1回戦に続いて1失点完投勝利。一回に先制を許したが、打たせて取る投球で横浜を6安打に抑えた。打線は二回、山本の左越え3点本塁打で逆転、さらに北野の右翼への2点二塁打で加点した。横浜の主戦・藤平は二回途中からの救援。走者を背負いながらも粘り強く投げたが、打線が振るわず好投も報われなかった。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文546文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る