特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

「大観衆が力くれた」東邦・劇的サヨナラ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【八戸学院光星−東邦】サヨナラ勝ちし、飛び上がって喜ぶ東邦の選手たち=阪神甲子園球場で2016年8月14日、山崎一輝撮影
【八戸学院光星−東邦】サヨナラ勝ちし、飛び上がって喜ぶ東邦の選手たち=阪神甲子園球場で2016年8月14日、山崎一輝撮影

 〇東邦(愛知)10−9八戸学院光星(青森)●(14日・甲子園、2回戦)

 4点を追う東邦の九回の攻撃。先頭の鈴木光が左前打で出塁。満員の大観衆からは手拍子が続く。4番・藤嶋が中飛に倒れ2死となっても、その声援はやまず、タオルを振り回して東邦打線を鼓舞する。球場全体を包む異様な熱気に後押しされるように、中西、高木に連続適時打が生まれ、土壇場で同点に追いついた。

 さらに2死二塁。8番の鈴木理は冷静だった。2ボール1ストライク。「1打席目からやられていた、スライダーが来る」。甘く入ったスライダーを芯で捉え、打球は左翼前へ。ついに試合をひっくり返し、劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文618文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る