メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/5 ナカスジファーム(大阪府富田林市) 夢はナス産地の名、世界へ

少し残しているナスのできばえを見る中筋秀樹さん、優美さん夫妻=大阪府富田林市で、松井宏員撮影

 大阪府富田林市がナスの産地って知ってました? 約40軒のナス農家の中でも、日本有数の規模を誇るのがナカスジファームだ。

 近鉄富田林駅から南へ約1キロ。石川沿いの西板持町が「大阪ナス」の一大産地。いくつものビニールハウスが並ぶナカスジファームは栽培面積約230アール、収穫量約230トンと断トツだ。9人のベトナム人研修生を含めてスタッフは約40人もいる。2月下旬から収穫を始めたナスは7月上旬で終え、この時期はキュウリを植えている。

 真っ黒に日焼けした代表の中筋秀樹さん(40)は、父から経営を継いで6年目。仲間と開発したもみ殻堆肥(たいひ)に牛ふんを加えて作った軟らかい土と石川の水利を生かし、大ぶりで皮が薄く、漬物から煮炊きまで万能の大阪ナスを生産。笑顔を絶やさない妻の優美さん(39)は、3年前に加工・販売を担う「JAPAN総合ファーム」という株式会社を設立し、ピクルスを共同開発。夫婦で6次化(生産から加工・販売まで)に取り…

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです