メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樺太40年史

後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道

樺太・豊原の地図を前に今後の取り組みについて話す西本会長=札幌市中央区で

地理、産業、暮らし網羅

 かつて日本領だった樺太(現サハリン)からの引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(東京)は、会員の減少と高齢化から遅くとも2021年までの解散を決めている。戦後71年となり出身者が減る中、樺太の歴史を後世にどう伝えていくかが課題だ。元道議で同連盟の西本美嗣会長(79)=札幌市西区=に、今後の取り組みを聞いた。【聞き手・立松敏幸】

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです