メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樺太40年史

後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道

樺太・豊原の地図を前に今後の取り組みについて話す西本会長=札幌市中央区で

地理、産業、暮らし網羅

 かつて日本領だった樺太(現サハリン)からの引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(東京)は、会員の減少と高齢化から遅くとも2021年までの解散を決めている。戦後71年となり出身者が減る中、樺太の歴史を後世にどう伝えていくかが課題だ。元道議で同連盟の西本美嗣会長(79)=札幌市西区=に、今後の取り組みを聞いた。【聞き手・立松敏幸】

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1443文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです