メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樺太40年史

後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道

樺太・豊原の地図を前に今後の取り組みについて話す西本会長=札幌市中央区で

地理、産業、暮らし網羅

 かつて日本領だった樺太(現サハリン)からの引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(東京)は、会員の減少と高齢化から遅くとも2021年までの解散を決めている。戦後71年となり出身者が減る中、樺太の歴史を後世にどう伝えていくかが課題だ。元道議で同連盟の西本美嗣会長(79)=札幌市西区=に、今後の取り組みを聞いた。【聞き手・立松敏幸】

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです