メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樺太40年史

後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道

樺太・豊原の地図を前に今後の取り組みについて話す西本会長=札幌市中央区で

地理、産業、暮らし網羅

 かつて日本領だった樺太(現サハリン)からの引き揚げ者らでつくる全国樺太連盟(東京)は、会員の減少と高齢化から遅くとも2021年までの解散を決めている。戦後71年となり出身者が減る中、樺太の歴史を後世にどう伝えていくかが課題だ。元道議で同連盟の西本美嗣会長(79)=札幌市西区=に、今後の取り組みを聞いた。【聞き手・立松敏幸】

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです