メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

GDP伸び縮小、年0.2%増 政策頼み鮮明 個人消費振るわず

都心で人気の3階建て以上のモデルハウスが並ぶ住宅展示場。休日は家族連れらでにぎわっていた=東京都板橋区内で11日、井出晋平撮影

 内閣府が15日発表した2016年4〜6月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・04%増、この状況が1年続いた場合の年率換算で0・2%増となり、かろうじて2四半期連続のプラス成長を維持した。だが、柱となる個人消費はふるわず、マイナス金利や補正予算などの政策効果が下支えしたのが実態で、伸び率は前期(2・0%増)から縮小した。円高が輸出や企業の設備投資を下押ししており、足踏みが続く国内景気が本格的な持ち直しに向かうのは容易ではない。

 「山の日」の祝日となった11日、東京都板橋区内の住宅展示場は、建て替えなどを検討する家族連れでにぎ…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです