メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

バンコク爆弾テロ あす1年 動機なお謎「捜査終了」

 【バンコク岩佐淳士】2015年8月にタイの首都バンコク中心部で20人が死亡した爆弾テロ事件から17日で1年経過する。警察は動機や背後関係を解明せずに「捜査終了」を宣言し、多くの謎が残されたままだ。実行役として逮捕された中国新疆ウイグル自治区出身の2人は裁判で「拷問によって自白を強要された」などとして無罪を主張している。

 事件は昨年8月17日午後7時ごろ、ヒンズー教寺院「エラワン廟(びょう)」で発生した。検察側の冒頭陳述などによると、ビラル・ムハンマド(別名アデム・カラダク)被告(31)が爆弾を置いて現場を立ち去り、その後、ユスフ・ミーライリー被告(26)が遠隔操作で起爆させたとされる。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  3. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  4. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです