メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AGE

老化物質、虫歯の進行抑制 酸への耐性高める 阪大など解明

 大阪大の三浦治郎助教(総合歯科学)らのグループが、老化の指標となる「AGE」(終末糖化産物)と呼ばれる物質に虫歯の進行を抑える働きがあることを突き止めた。高齢者は虫歯の進行が遅い傾向にあることが知られており、その仕組みの一端が明らかになった。15日、国際学術誌「ジャーナル・オブ・デンタル・リサーチ」(電子版)に論文が掲載された。

 AGEはコラーゲンなどが糖と結びついた物質。ヒトはエネルギーとして糖を摂取するため、年齢を重ねるにつれてAGEが体内にたまっていくことが知られていた。これが動脈硬化の進行や肌のしわなどの原因となるため、「老化物質」とも呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです