メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

核の傷痕 続・医師の診た記録/29 数分間で被ばく=広岩近広

 日本の高齢化率は先進国でも群を抜いて高いが、原発でも老朽化大国になった。1960年代に運転を始めたアメリカやドイツの原発が閉鎖されたことによる。長年稼働すれば故障やトラブルが発生しやすいため、老朽化した原発では「非破壊検査」が必須となる。配管の漏れや機器の損傷を検査するのだが、検査対象を破壊せずに行うことから、この呼び名がつけられた。検査に当たるのは専門の技能労働者で、原発の稼働を続けるうえで欠かせない存在になっている。

 原発による被ばく労働者を診てきた村田三郎さんは語る。「専門職であっても下請け労働者です。放射線量が高く、配管が複雑に入り組んだ危険な場所で作業をしており、原発を渡り歩いて定期点検を行う下請け労働者ほど過酷です」

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです