交通事故調書

無断書き換えで書類送検 滋賀の警部補

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 滋賀県警の40代男性警部補が交通事故の供述調書を無断で書き換えたとして、県警が虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検していたことが分かった。

 書類送検は6月21日付で、さらに7月21日付で所属長訓戒とした。

 県警監察官室によると、軽乗用車と軽トラックの衝突事故が4月下旬に県内で起き、所轄署地域課の警部補が双方の運転手に事情を聴いた。警部補に対し…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

ニュース特集