五輪バドミントン

奥原、山口準々決勝で対決 日本勢4強

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 リオデジャネイロ五輪第11日の15日、バドミントンの女子シングルス決勝トーナメント1回戦で奥原希望(日本ユニシス)はペ・ヨンジュ(韓国)を、山口茜(再春館製薬所)はラチャノック・インタノン(タイ)をともに2−0で破った。16日の準々決勝は2人が対戦するため、この種目で日本勢初の準決勝進出が決まった…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

あわせて読みたい

注目の特集