メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦記念日

2閣僚が靖国参拝 安倍首相は玉串料を奉納 

【右】靖国神社を参拝する高市早苗総務相と【左】丸川珠代五輪担当相=いずれも東京都千代田区で15日、猪飼健史撮影

 安倍晋三首相は終戦記念日の15日、東京・九段北の靖国神社への参拝を見送り、代理人を通じて玉串料を奉納した。安倍内閣の閣僚で同日に参拝したのは、高市早苗総務相と丸川珠代五輪担当相にとどまった。尖閣諸島を巡り緊張関係が続く中国や、慰安婦問題に関する日韓合意で関係改善の兆しが見える韓国、東アジア情勢の安定を求める米国に一定の配慮を見せた形だ。

 首相は同日、西村康稔・自民党総裁特別補佐を通じて「自民党総裁・安倍晋三」名で玉串料を私費で納めた。首相は第2次安倍内閣発足から1年にあたる2013年12月に靖国参拝してからは参拝していない。終戦記念日の参拝見送りと玉串料奉納は4年連続となった。この日、千鳥ケ淵戦没者墓苑での慰霊に向かう途中、「どのような気持ちで玉串料を納めたのか」と記者団から問いかけられたが、立ち止まらず無言で官邸を後にした。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 菅長官、ワクチン「まずは国内で製造販売」 国際枠組みでは「優先供給されない」

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです