女性106人

安保法で精神的苦痛 国に集団提訴 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

1人10万円の損害賠償求めて東京地裁に

 安全保障関連法施行で精神的苦痛を受けたとして全国の女性106人が15日、国に1人10万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。原告側は記者会見で「憲法9条をないがしろにする安保法により、女性は再び戦争の危険にさらされ、平穏に生きる権利を侵害された」と訴えた。

 原告は40〜80代の戦争経験者や学識者…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文396文字)

あわせて読みたい

注目の特集