歌舞伎

八月納涼歌舞伎 浦里の七之助、セリフに情味=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3部制。1部の最初が「嫗山姥(こもちやまんば)」。扇雀の八重桐は、来し方を語る「しゃべり」が聞かせ、通力を得ての後半が力強い。橋之助の蔵人は無念さが表れた。

 続いて「権三と助十」(大場正昭演出)。獅童の権三と染五郎の助十が、小心だが正義感のある庶民的な人物像を描き出し、七之助、巳之助、弥十郎、亀蔵と周囲もそろう。

 2部の最初が「東海道中膝栗毛」(戸部和久脚本、猿之助脚本・演出)。染五郎の弥次郎兵衛、猿之助の喜多八。理屈抜きの娯楽作でラスベガスの場や宙乗りもある。金太郎の若君と團子の供侍が好演。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集