連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

「駅ナカ」滞在型空間目指し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京メトロ表参道駅の構内に設けられたフードコート
東京メトロ表参道駅の構内に設けられたフードコート

 移動から滞在へ、駅に向かう目的に変化が表れている。駅構内に出現した「駅ナカ」が、乗客を引き留めるだけでなく、鉄道を利用しない人も集める。その魅力を確かめるため、改札をくぐった。

 ●東京駅に新施設

 日本各地を鉄道で結ぶJR東京駅。皇居に近い丸の内側から地下改札に入ると、商業施設「グランスタ」に通じる。今年7月、約970平方メートルを増床、改札外の「グランスタ丸の内」も新規オープンした。化粧品や雑貨を中心におしゃれな店舗が連なる商業施設だ。初日からスーツケースを片手に江戸情緒のあふれた手ぬぐいを品定めする旅行客や、高級ハンドクリームを試す女性らが行き交う。それぞれにゆったりと買い物を楽しんでいるようだ。

 「グランスタ」は2007年に開業。運営する鉄道会館営業本部の堺英明部長によると、東京駅はビジネスマンの利用が多い駅。出張の必需品である弁当やお土産、持ち帰り総菜を中心に力を入れる。利用客は男性が6割。増床エリアでは周辺で働く女性たちの心をつかむことが目標だ。「グランスタ丸の内」と合わせ今夏、新たに23店舗が開業し、来年夏までにカフェなどを含め計約120店舗となる予定だ。「入場券を買ってでも改札内…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1826文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集