メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PROMESSA・リオから東京へ

夢追うペダル トライアスロンから転向 自転車・女子オムニアム 塚越さくら(25)

 ほろ苦い五輪デビューとなった。自転車のオムニアムは短中距離の6種目を実施して、ポイントの合計を争う。初日の3種目を終えた塚越さくら(Ciel Bleu 鹿屋)は18人中最下位。「走り始めたらいつものメンバーなのに、体が硬くなっちゃう」と口から出るのは反省の言葉ばかりだった。

 鹿児島・鹿屋体育大から自転車を始めてわずか7年目。小学校でトライアスロン、中学、高校は陸上に打ち込んだが、高校時代は七種競技で全国大会に出られずに限界を感じていた。「これ以上、上に行ける可能性はない」。子供の頃から憧れた五輪の夢が薄れると見切りは早かった。大学から始め、五輪が目指せることを理由にトライアスロンで経験のあった自転車を選…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

  5. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです