食物アレルギー

尿で判定 東大など物質発見、検査キット開発へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 食物アレルギーの診断や重症度の判定につながる尿に含まれる物質を、東京大や国立成育医療研究センターのチームが見つけた。従来は血液検査などで診断していたが、患者は乳幼児が多く、採血は負担が大きい。今後、尿を調べてアレルギーの有無や重症度などを判定する検査キットの開発を進めるという。

 食物アレルギーは、牛乳や卵、小麦などの食べ物に含まれるたんぱく質に反応し、じんましんや腹痛、下痢などの症状を引き起こす。日本人の有病率は1〜2%程度とされ…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集