メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
AI革命

/2 農家、後継ぎはロボット 最先端化に活路

スプレッドが運営するレタスの野菜工場。現在は有人だが、新工場では全自動化を目指す=京都府亀岡市で小関勉撮影

 日本のレタス生産が最新技術で変わろうとしている。

 京都府木津川市に高さ約15メートル、延べ床面積3500平方メートルの「工場」建設が計画されている。完成後には無人の場内に、土不要の水耕栽培のレタス栽培棚が十数段積み上げられた高さ約10メートルのユニットが多数並ぶ。センサーで気温・湿度は常に一定に保たれ、発光ダイオード(LED)の照明が一定時間照射する。棚はリフト機やベルトコンベヤーで移動する。虫や菌の侵入防御も完璧だ。育苗から収穫まで自動化され、一定の品質のレタスが生産・出荷される予定で、まるでロボットを駆使した工業製品の工場を思わせる。

 この最新鋭のレタス工場は2017年秋に稼働する予定だ。運営するのは京都市の「スプレッド」。既に京都…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1391文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです