メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
群馬サファリ

クマに襲われ従業員死亡…巡回車内で

従業員がクマに襲われた現場付近=富岡市岡本の「群馬サファリパーク」で2016年8月16日、畑広志撮影

 16日午後1時10分ごろ、群馬県富岡市岡本の「群馬サファリパーク」の「日本ゾーン」で、巡回中の従業員、斎藤清美さん(46)がツキノワグマに襲われ、左の胸や脇腹をかまれた。約2時間半後、出血性ショックで死亡が確認された。

 県警富岡署や同パークによると、襲ったクマは5歳の雄で、体長約170センチ、体重約110キロ。斎藤さんは、ツキノワグマやニホンザルなどを放し飼いで展示する日本ゾーンをジープ型の軽乗用車を運転して1人で巡回中、運転席側の窓から入ってきたクマに襲われたとみられる。

 車窓には安全対策としてステンレス製のパイプ(直径2センチ)が横に1本設置されていたが、クマによって…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文670文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです