メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬サファリ

クマに襲われ従業員死亡…巡回車内で

従業員がクマに襲われた現場付近=富岡市岡本の「群馬サファリパーク」で2016年8月16日、畑広志撮影

 16日午後1時10分ごろ、群馬県富岡市岡本の「群馬サファリパーク」の「日本ゾーン」で、巡回中の従業員、斎藤清美さん(46)がツキノワグマに襲われ、左の胸や脇腹をかまれた。約2時間半後、出血性ショックで死亡が確認された。

 県警富岡署や同パークによると、襲ったクマは5歳の雄で、体長約170センチ、体重約110キロ。斎藤さんは、ツキノワグマやニホンザルなどを放し飼いで展示する日本ゾーンをジープ型の軽乗用車を運転して1人で巡回中、運転席側の窓から入ってきたクマに襲われたとみられる。

 車窓には安全対策としてステンレス製のパイプ(直径2センチ)が横に1本設置されていたが、クマによって外されていた。巡回中は異常がないか注意するため車窓は開けていることが多く、事故当時も車窓は開いていたとみられる。通常は1台または複数の車で巡回するが、この日は斎藤さんの1台だけだった。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです