メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

尿で判定、検査キット開発へ…物質発見

東大など研究チーム

 食物アレルギーの診断や重症度の判定につながる尿に含まれる物質を、東京大や国立成育医療研究センターのチームが見つけた。従来は血液検査などで診断していたが、患者は乳幼児が多く、採血は負担が大きい。今後、尿を調べてアレルギーの有無や重症度などを判定する検査キットの開発を進めるという。

 食物アレルギーは、牛乳や卵、小麦などの食べ物に含まれるたんぱく質に反応し、じんましんや腹痛、下痢などの症状を引き起こす。日本人の有病率は1〜2%…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. チリ 「121歳」の男性死亡
  3. 大阪府警 勤務中不倫相手宅へ「出動」 警部尾行し特定 懲戒処分
  4. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  5. セクハラ告発 記者に中傷、2次被害 専門家らが擁護論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]