五輪バドミントン

タカマツペア レシーブは攻撃の第一歩

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【バドミントン】女子ダブルス準決勝第2ゲーム、シャトルを追う松友美佐紀(右)高橋礼華組=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月16日、小川昌宏撮影
【バドミントン】女子ダブルス準決勝第2ゲーム、シャトルを追う松友美佐紀(右)高橋礼華組=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月16日、小川昌宏撮影

 【リオデジャネイロ小林悠太】リオデジャネイロ五輪第12日の16日、バドミントン女子ダブルス準決勝で、世界ランキング1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=が韓国ペアに2−0で勝ち、前回ロンドン大会の同種目で銀の藤井瑞希、垣岩令佳組に続くメダル獲得を決めた。決勝は、18日午後0時半(日本時間19日午前0時半)に予定される。

 高橋、松友組にとって、レシーブは守りではない。攻撃の第一歩だ。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文820文字)

あわせて読みたい

注目の特集