メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪バドミントン

結成10年、信頼の連係…高橋・松友組

【バドミントン】女子ダブルス、決勝進出を決め喜ぶ松友美佐紀(左)高橋礼華組=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月16日、小川昌宏撮影

 【リオデジャネイロ小林悠太】リオデジャネイロ五輪第12日の16日、バドミントン女子ダブルス準決勝で、世界ランキング1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=が韓国ペアに2−0で勝ち、前回ロンドン大会の同種目で銀の藤井瑞希、垣岩令佳組に続くメダル獲得を決めた。決勝は、18日午前11時50分(日本時間同日午後11時50分)に予定される。

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです