メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 クメール・ルージュ カンボジア人初の女性監督 ソト・クォーリーカーさん(42)

カンボジア人初の女性映画監督のソト・クォーリーカーさん=大阪市北区で、長尾真希子撮影

歴史見つめ、語ることから

 カンボジア人初の女性監督、ソト・クォーリーカーさん(42)が製作した映画「シアター・プノンペン」(1時間45分)がシネ・リーブル梅田などで順次公開されている。現代の女子大生が1本の古い映画に出合ったことで、両親の過去をたどり、1970年代後半のクメール・ルージュによる大量虐殺というカンボジアの暗黒の歴史に向き合い、成長する人間ドラマだ。作品に込めた監督の思いとは−−。【長尾真希子】

 「カンボジアの若い世代が自国の歴史を知ることで、アイデンティティーを取り戻し、胸を張って未来への一…

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです