世界のバリアフリー絵本展

障害あっても楽しめる 21カ国の50作品 上野で来月4日まで展示 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵本展は21カ国の50作品を展示。布などの感触を楽しめるよう工夫された絵本も手に取れる=台東区で
絵本展は21カ国の50作品を展示。布などの感触を楽しめるよう工夫された絵本も手に取れる=台東区で

 障害のある子供たちも楽しめるよう工夫された絵本を集めた「世界のバリアフリー絵本展2015」が、台東区上野公園の国立国会図書館国際子ども図書館で開かれている。児童書の国際団体が選んだ21カ国・50作品の推薦図書を展示。手に取って読めるため、絵本を楽しみながら障害への理解を深めることができる。【五味香織】

 推薦図書は2015年、77カ国・地域が加盟する国際児童図書評議会(IBBY、本部・スイス)の障害児図書資料センターが選んだ。米国や欧州の作品が多いが、イランや韓国、メキシコなどもあり、色合いや装丁の違いも楽しめる。日本からは布で作られた絵本など4作品が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集