メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボローニャ国際絵本原画コンクール

明石出身、名司生さん初入選 民話の世界、ユーモラスに /兵庫

入選した「コロポックル」(5枚組みの中の1枚)

 世界的な絵本作家の登竜門とされる今年の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画コンクール」(イラストレーションコンクール)に明石市出身のイラストレーター、名司生(なつき)=本名・川崎夏生=さん(24)が初めて入選した。作品「コロポックル」は、民話に出てくる小さな人々を素材に、動植物との関わりを描いた。20日から西宮市大谷記念美術館で始まる「ボローニャ国際絵本原画展」(毎日新聞社など主催)で展示される。2度目の挑戦で難関を突破した名司生さんは「入選はうれしい。これからも民話などに興味を持ち、描いていきたい」と話している。【伊地知克介】

 コンクールは1967年、国際的な児童書専門のブックフェアに併設された行事としてイタリア北部の古都・…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです