メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RIO・リオ五輪

体操女子 チュソビチナ 41歳「もちろん東京も」

 体操女子で41歳のオクサナ・チュソビチナ(ウズベキスタン)が7回目の五輪出場を果たし、体操選手の最多出場記録を塗り替えた。種目別の跳馬では7位に終わったがチュソビチナは「昔より技術に自信がある。体力の衰えもあるけど、頭を使って体操するのよ」と意気盛んだった。

 チュソビチナの競技生活は波瀾(はらん)万丈だった。1991年のソ連崩壊後に旧ソ連合同チームで92年バルセロナの団体総合で…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです