五輪レスリング

V4伊調「最後は母が助けてくれた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子フリースタイル58キロ級決勝に勝利して五輪4連覇を決め、姉千春さん(左)と握手を交わす伊調馨。左手前は母トシさんの遺影=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月17日、小川昌宏撮影
女子フリースタイル58キロ級決勝に勝利して五輪4連覇を決め、姉千春さん(左)と握手を交わす伊調馨。左手前は母トシさんの遺影=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月17日、小川昌宏撮影

 金メダルが決まるとスタンドに近づき、母の遺影を受け取ってぐっと抱きしめ、口づけした。リオデジャネイロ五輪第13日の17日、レスリング女子58キロ級の伊調馨(かおり)(32)=ALSOK=は五輪全競技を通じて女子個人種目で史上初の4連覇を達成した。亡き母トシさんに活躍を誓った大会は、決勝で終盤までリードされ追い込まれた。「最後はお母さんが助けてくれたと思う」と語った。

 この日はマットに上がる前、必ず天井を見上げて「いい試合するから。絶対金メダルを取るから」とトシさんに語りかけた。しかし、初戦から硬さが見られ、本来のレスリングとは言えなかった。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文824文字)

あわせて読みたい

注目の特集