五輪陸上

表彰式でブーイング 観客、銀の仏選手に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

男子棒高跳び

 【リオデジャネイロ大島祥平】16日にあった陸上男子棒高跳び表彰式で、銀メダルのルノー・ラビレニ(フランス)にブラジルの観客から激しいブーイングが浴びせられる前代未聞の一幕があった。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は声明で「衝撃的な振る舞い。五輪では受け入れられない」と不快感を示した。

 試合は15日に行われラビレニは優勝したチアゴブラス・ダシルバ(ブラジル)と一騎打ちになり、強烈なブーイングを受けた。16日の表彰式で名前が呼ばれると再びブーイングが起こり、こわ張った表情で壇に上がった。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文433文字)

あわせて読みたい

ニュース特集