リオ五輪

アイルランドのIOC理事拘束 入場券転売容疑

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【リオデジャネイロ田原和宏】国際オリンピック委員会(IOC)のパトリック・ヒッキー理事(71)=アイルランド=が、リオデジャネイロ五輪の入場券の不正転売に関与した疑いで、リオの警察当局に身柄を拘束されていたことが分かった。17日、AP通信などが報じた。IOCは同日、「詳細は調査中」としながらも警察当局が逮捕状を取っていることを認め、同氏は病院にいることを明らかにした。

 リオ警察当局は8日、入場券を不正に転売していた疑いで英国のチケット会社「THGスポーツ」の幹部を逮捕していた。その際に、同氏が会長を務めるアイルランド・オリンピック委員会に割り当てられた1000枚以上のチケットを押収していたという。高値で不正転売しようとしていたとみられ、同氏が関与した証拠も発見したとされている。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集