メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

羽田新ルート20年照準 低空で都心縦断、発着枠増 五輪・訪日客増に対応

羽田空港の新離着陸ルート

 羽田空港の国際線の発着枠を増やそうと、東京都心を低空で通過して離着陸する飛行ルートが新たに設定される見通しとなった。国土交通省は東京五輪・パラリンピックがある2020年までに実現させ、訪日外国人客の増加につなげたい考えだ。一方で、ルート下の住民には騒音や落下物などへの懸念が消えない。【内橋寿明、早川健人】

 東京・霞が関で先月28日にあった国と地元自治体との協議会。「国の取り組みにできうる協力をさせていただく」。関係自治体を代表し、西川太一郎・特別区長会会長(荒川区長)が新ルートを了承すると、国交省の幹部たちはホッとした表情を見せた。国交省が14年7月に新ルート案を公表してからちょうど2年。騒音・安全対策の実施を約束することで、ようやく自治体側の理解にこぎつけた。

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです