メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「慰霊の旅」後のパラオ=西川恵

 <kin−gon>

 天皇、皇后両陛下がパラオのペリリュー島に「慰霊の旅」をされたのは昨年4月。8月15日、全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことばを聞いて思い立ち、パラオの田尻和宏大使に国際電話を入れた。その後、パラオに変化はありますか、と。

 「日本人の関心が明らかに高まっています。観光客の総数では増えていませんが、ペリリュー島に行く人が増えています。高齢の遺族の方だけでなく、小中高校の児童生徒や団体が研修で訪れます」

 日米両軍合わせて約1万2000人が亡くなった1944年のペリリュー島の激戦は、戦後長らく“忘れられた戦争”となっていたのが、両陛下のご訪問で再び注目を浴び始めた。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです