メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪レスリング

吉田ジンクス破る 主将6大会ぶり表彰台

レスリング女子53キロ級決勝で米国のマルーリス(奥)に敗れ金メダルを逃し、表彰式で悔し涙を流す吉田沙保里=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月18日、小川昌宏撮影

 レスリング女子53キロ級決勝で惜敗した日本選手団主将の吉田沙保里だが、銀メダル獲得により「夏季五輪の主将は表彰台に立てない」というジンクスを6大会ぶりに覆した形だ。

 夏季五輪の日本選手団主将は1992年のバルセロナ大会で古賀稔彦氏(柔道)が金メダルを取ったのを最後に、96年アトランタの谷口浩美氏(…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです