メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

民族和平進展へ正念場 スーチー氏、中国接近

 【ジャカルタ平野光芳、北京・河津啓介】ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相が米国や日本などに先駆けて中国を訪問したのは、国境地帯の少数民族に影響力を持つ中国の協力を引き出し、少数民族武装勢力との和平交渉を進展させる思惑がある。

 和平交渉は今月末にヤマ場を迎える。「建国の父」と呼ばれるアウンサン将軍が少数民族との連邦国家設立に向けて合意した1947年の会議にちなむ「21世紀のパンロン会議」が開かれるからだ。将軍の娘であるスーチー氏にとって、遺志を継ぎ、和平交渉を進展させる格好の舞台になる。

 地元メディアによると、国境地帯で最大の軍事力を持つ少数民族の武装勢力「ワ州連合軍」(UWSA)は会…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです