メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎・白亜紀後期

ティラノサウルスか 恐竜化石を発見

発見された化石について田上富久・長崎市長(右)に説明する宮田和周・福井県立恐竜博物館主任研究員=長崎市役所で2016年8月18日午前9時37分、大平明日香撮影

長崎市軍艦島資料館などで一般公開へ

 福井県立恐竜博物館と長崎市教育委員会は18日、同市の長崎半島西海岸に分布する白亜紀後期の地層「三ツ瀬層」(約8100万年前)から、恐竜やスッポン類の化石計18点を発見したと発表した。宮田和周(かずのり)・同博物館主任研究員(47)は「多様な恐竜、生物が白亜紀後期の長崎に生息していたことを知る貴重な資料だ」としている。20、21日に同市野母町の市軍艦島資料館、23日〜9月19日に同市油木町の市科学館で一般公開される。

 同博物館と市教委は2013〜15年度に共同で発掘調査し、計384点の脊椎(せきつい)動物の化石を確認。うち鑑定が終わり、展示できるようになった恐竜10点と、スッポン類8点の化石を一般公開する。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです