メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

国連部会 禁止条約報告書 核保有国へ軍縮圧力(その2止)

 国連核軍縮作業部会が核兵器禁止条約の交渉開始を強く促す報告書を出すことで、核廃絶に向けた漸進的なアプローチを訴えてきた日本政府が戦略の見直しを迫られることは必至だ。5月にオバマ米大統領の歴史的な広島訪問が実現し、核廃絶に向けた機運が高まる一方、安全保障環境は厳しさを増しており、米国の「核の傘」に依存する日本は対応に苦慮している。

 日本は作業部会の設置を決めた昨年の国連総会決議で棄権するなど、米国をはじめとする核保有国に配慮。「核軍縮は核兵器国と非核兵器国の協力がなければ結果が出ない」(岸田文雄外相)として、国際的に足並みのそろわない禁止条約の早期交渉開始には慎重姿勢を取ってきた。北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、「核軍縮だけでなく安全保障も重要」(外務省幹部)との事情もある。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです