メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

マイナス圏の戦い=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 「メルトダウン」(融解)。米タイム誌8月22日号は、表紙にその文字と、溶け始めたトランプの顔のイラストを掲載した。最近、多くの米メディアが、共和党のトランプ候補の支持率失速を報じている。発言の過激さを一段とヒートアップさせた最近の彼の戦略は裏目に出てしまった。

 しかし、米国にいる知人に聞くと、多くの人から「ヒラリーが優勢なのは確かだが、最後まで何が起きるか分からない」との答えが返ってくる。というのも、ヒラリーの人気も低いからだ。ギャラップ社の最近の世論調査では「好ましい」から「好ましくない」を差し引いた比率は、トランプはマイナス32%で、ヒラリーはマイナス13%である。

 そういった「マイナス圏の戦い」を反映して、ワシントンの土産物屋には、両候補をからかったグッズが多数…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文731文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです