メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
震災遺児のグリーフケアについて学ぶボランティア養成講座の参加者ら=仙台市青葉区の仙台レインボーハウスで

 人には必ず死が訪れる。だが病気や災害、事故といった予期せぬ出来事で親しい人を亡くした時、気持ちを整理するのは簡単ではない。死の悲しみ(グリーフ)との向き合い方や周囲の対処法を探った。

 ●震災遺児サポート

 東日本大震災で家族を亡くした遺児の心のケアを担う拠点施設「仙台レインボーハウス」。年に数回、遺児をサポートするボランティアの養成講座が開かれている。参加者はまず、自身のグリーフを振り返る。「5歳の時、潜水士の父が仕事中に事故で亡くなりました。同じ境遇の人はいないし、母にも心配をかけまいと、話せずつらかった」。50代の男性が、ぽつぽつと語り始めた。

 「自分のグリーフと向き合ってからでないと、他人のケアはできない。自分と相手の感情を混同しないように…

この記事は有料記事です。

残り2300文字(全文2627文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです