メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PROMESSA・リオから東京へ

飛び込み 女子高飛び込み 4回半、飛ばずとも 80年ぶり入賞、大技「今度こそ」

女子高飛び込み決勝、8位入賞を果たした板橋の前宙返り3回半えび型=梅村直承撮影

 18日に行われた女子高飛び込み決勝で8位に入り、1936年ベルリン五輪の大沢礼子、香野夫佐子以来、高飛び込みとしては80年ぶりとなる入賞を果たした。「今回、初めての五輪でいろんな経験をさせてもらったので次に生かしたい。2020年東京五輪では今度こそ金メダルを取りたい」と述べ、気持ちは早くも4年後に向かった。

 世界中で誰もまねができない大きな武器を持つ。「前宙返り4回半抱え型」を女子では唯一、飛ぶことができるのだ。ライバルたちが飛ぶ「前宙返り3回半えび型」は満点が90点だが、「4回半」は111点。14歳の時に出場した国内大会ではこの大技を成功させ、99・90点という驚異的な得点をたたき出した。今大会の決勝での演技別最高点は、金メダルを獲得した任茜(中国)の94・05点。大技の威力がよく分かる。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです