メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI革命

/5止 商機、地方にこそ 町の特色生かし効率化

「フレッシュバリュー三島店」の店先に置かれた古紙回収箱。重量センサーが装着され、インターネット経由で集積量が分かる=愛媛県四国中央市で、吉永康朗撮影

 製紙工場が建ち並ぶ人口9万人の紙のまち、愛媛県四国中央市。スーパー「フレッシュバリュー三島店」の店頭にある古紙回収箱は、古新聞でほぼ満杯になっていた。牛乳パックなどの回収サービスに似ているが、箱には重量センサーが付けられ、インターネットで管理システムと結ばれている。重さに応じて店の商品券に交換できるポイントがもらえるため、入れに来る人が絶えない。加藤輝樹店長は「古紙を置きに来る人が店の固定客になっている」と笑みを見せた。

 地方発のIoT(モノのインターネット)とも言えるこの古紙回収システムは、現在、四国・九州など10県…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです