メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオマス発電

オリックスとMOT総研、北九州市に建設 440億円投資

 オリックスと、山口大学発コンサルティング会社、MOT総合研究所(山口県宇部市)などの企業連合体が、北九州市の響灘地区で木質ペレットなど植物由来の燃料のみを使う専焼(せんしょう)式バイオマス発電所をそれぞれ建設することが分かった。オリックスの発電出力は5万キロワットで、専焼式バイオマス発電として国内最大級になるという。発電開始時期は、早ければ2020年ごろになるとみられる。投資額は計約440億円。

 北九州市は響灘地区で民間開発によるエネルギー拠点化を進めており、運営事業者を公募。同市が今月18日にオリックスと、MOT総合研究所などを優先交渉者に選定した。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです