メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオマス発電

オリックスとMOT総研、北九州市に建設 440億円投資

 オリックスと、山口大学発コンサルティング会社、MOT総合研究所(山口県宇部市)などの企業連合体が、北九州市の響灘地区で木質ペレットなど植物由来の燃料のみを使う専焼(せんしょう)式バイオマス発電所をそれぞれ建設することが分かった。オリックスの発電出力は5万キロワットで、専焼式バイオマス発電として国内最大級になるという。発電開始時期は、早ければ2020年ごろになるとみられる。投資額は計約440億円。

 北九州市は響灘地区で民間開発によるエネルギー拠点化を進めており、運営事業者を公募。同市が今月18日にオリックスと、MOT総合研究所などを優先交渉者に選定した。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです