メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

アサド政権とクルド側が衝突 政府軍は空爆も

ハサカ

 【カイロ秋山信一】内戦下のシリア北東部ハサカで、支配権を二分するアサド政権と少数民族クルド人武装勢力の衝突は19日も続き、クルド系メディアによると、クルド側は民間人と民兵の計15人が死亡した。政府軍は前日に続いて空爆も実施。クルド側は民間人数千人を市外に避難させた。またクルド人勢力と連携する米軍主導の有志国連合の航空機が18日にハサカ上空を警戒飛行するなど、緊張が高まっている。

 一連の衝突は今月16日に始まった。クルド側は政権側民兵にクルド人住民が不当に拘束される事件が相次い…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです