メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪陸上

ケンブリッジを短距離に導いた恩師、万感

 陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本。粘りを見せたアンカーのケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=は、大阪市立淀川中学校で陸上を始めた。希望していたサッカー部が中学になく、陸上部で長距離の選手としてスタートした。ジャマイカ人の父譲りの長い脚の形に注目した当時の顧問、山口忠広さん(53)=現市立東我孫子中顧問=が短距離へ転向を勧め、世界クラスのスプリンターへと成長した。

 山口さんはケンブリッジ入学の1年前、淀川中に赴任した。当時、陸上部はなく、私物の器具を持ち込んで復活させた。入学時のケンブリッジは小柄で、タイムも平凡。本人が長距離を希望したため淀川の河川敷を約2キロ走り、堤防の坂を駆け上がる練習をした。平均的な日本人に比べ膝下が長く、細い。山口さんは「長距離は違うんとちゃう? スプリント系やと思うで」と伝えた。2年の時から100メートルや200メートルを走るよ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです