メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪陸上

男子400リレー 磨いたバトン技術で銀獲得 

陸上男子400メートルリレー決勝、第3走者の桐生祥秀(奥右)からケンブリッジ飛鳥(手前中央)へのバトンリレー。右はジャマイカの第4走者ウサイン・ボルト=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月19日、梅村直承撮影

 アンカーのケンブリッジ飛鳥がバトンを受けたとき「五輪は最後」と公言している世界最速のウサイン・ボルトの真横に並んだ。ボルトが懸命に逃げる。日本が3連覇を狙う王者ジャマイカを追いかける夢のような光景が広がった。惜しくも2着。もう一つの陸上大国・米国には先着した(米国は失格)。電光掲示板で順位を確認すると、ケンブリッジと第3走者の桐生祥秀が抱き合い、ありったけの感情を爆発させた。日本が陸上男子400メートルリレーで2008年北京五輪の銅メダル以来8年ぶりのメダル、それも史上初の「銀」に輝いた。

 個人能力で劣ってきた日本はこれまで、バトンパスの技術に活路を求めてきた。受け取る側が手のひらを下に向け、渡す側が下から上へバトンを入れる「アンダーハンドパス」。受ける走者の腕が走る姿勢に近く、スピードに乗った状態でバトンをもらえるため、走力差を補える技術だ。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  3. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです