メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪競歩

亡き母思い乗せて リオの風、荒井の背中押す

レース会場の沿道から母の遺影を手に声援を送った荒井の長兄英之さん(右)と次兄康徳さん=リオデジャネイロで2016年8月19日、岸達也撮影

 【リオデジャネイロ岸達也】陸上男子50キロ競歩で19日、荒井広宙(ひろおき)(28)=自衛隊=が五輪初出場で銅メダルを獲得した。昨年11月に亡くした最愛の母繁美さん(当時63歳)を思いながら、リオのコースで積極的なレースを展開し、日本競歩勢初の五輪メダルをつかんだ。

 3人兄弟の末っ子を応援しようと、沿道に長兄英之さん(37)と次兄康徳さん(33)が駆けつけた。兄2人はレース終盤、昨年11月に卵巣がんで死去した母の遺影を荒井から見えるように掲げた。

 長野県小布施町出身の荒井は中野実業高2年から競歩を始め、競歩の名指導者、内田隆幸さん(70)に教えられ成長した。以前、石川県のホテルに所属しながら競技を続けた時期があり、資金面で両親が支えてくれた。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです