鹿児島県知事

原発事故避難の計画見直す意向

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
川内原発に近い川内川河口付近を視察する三反園知事(左)=鹿児島県薩摩川内市で2016年8月19日、宝満志郎撮影
川内原発に近い川内川河口付近を視察する三反園知事(左)=鹿児島県薩摩川内市で2016年8月19日、宝満志郎撮影

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は19日、九州電力川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)の事故時を想定した避難計画について「見直す必要があるのではないかとの思いを強くしている」と述べ、避難ルートや避難用車両の配備について見直す意向を表明した。同日、川内原発周辺を就任後初めて視察し、報道陣の質問に答えた。

 三反園知事は「本当に避難できるかどうか不安の声がたくさん寄せられている。渋滞や道幅、避難車両の手配の問題がある。視察したことを総合的に判断して考えたい」と話した。また「原発は絶対に事故を起こしてはだめ。だからこそ九電は停止して再点検すべきではないか。住民の不安に応えなくてはいけない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文543文字)

あわせて読みたい

注目の特集