リオ五輪

吉田を泣かせた「主将」いらない…識者に聞く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国のヘレン・マルーリス(右)に敗れ、マットにうずくまる吉田沙保里=リオデジャネイロで2016年8月18日、小川昌宏撮影
米国のヘレン・マルーリス(右)に敗れ、マットにうずくまる吉田沙保里=リオデジャネイロで2016年8月18日、小川昌宏撮影

 「主将として金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」。レスリング女子53キロ級決勝で惜敗した直後、日本選手団主将の吉田沙保里(33)はそう言って泣きじゃくった。「夏季五輪の主将は表彰台に立てない」ジンクスを6大会ぶりに覆したにもかかわらず号泣する姿から、「主将」という肩書に疑問の声が上がっている。識者2人に聞いた。【福島祥、伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文753文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集